投稿

Bloggerで日本語のGoogle Fontsを使うための設定方法

イメージ
Blogger で Google Fonts(日本語 Web フォント)を設定する方法です。 Web フォントとは 異なるプラットフォームやブラウザで同じ表示を実現できます。Web フォントには様々ありますが、代表的な物に Google Fonts があります。 様々なフォントを無料で Web サイトに適用することができるもので、今回はそれを Blogger に適用してみました。 Google Fonts を Blogger に設定 まず、 Google Fonts のサイトで使いたいフォントを選択します。よく使われているフォントは Noto Sans Japan でしょうか。いくつか文字の太さがありますが、一般的な Regular 400 を選択してみます。 Use on the web という部分にコードが表示されるので、これをコピーします。 なお、後で使うので「CSS rules to specify families」にあるコードをコピーしておきます。 Bloggerの[テーマ]を開き、カスタマイズの「▼」から「HTMLを編集」を選択。 headタグの下にコピーしたコードを貼り付ければ良いのですが……そのまま貼り付けるとエラーが出て保存できません。 すべての link タグの最後に「/」を付けてタグを閉じる。 2 行目の crossorigin を crossorigin="crossorigin" に変更。 3 行目の「&」を「&amp」に変更(&を小文字にしてください)。 保存ボタンを押下して保存できれば準備は OK です。ひとつ前の画面に戻ります。 カスタマイズボタンを押下して、カスタマイズページに遷移します。 [詳細設定]のドロップダウンリストから「CSS を追加」を選びます。 ブログすべてにWebフォントを適用したいのであれば、カスタムCSSに先ほどコピーしたCSSを「*」で全体に適用すればOK。 例えばこんな感じ。「*{font-family: 'Noto Sans JP', sans-serif;}」 編集後は忘れずに保存しましょう。

プロキシを設定している環境で Microsoft ストアアプリがインストールできない

職場のネットワークなど、プロキシを設定してネットワークにアクセスしているような環境で Microsoft ストアアプリがインストールできないことがあります(「ダウンロード中」で止まる)。 WinHTTP にプロキシの設定を反映する コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。 netsh winhttp import proxy source=ie Microsoft ストアアプリのダウンロードは、ブラウザの通信機能とは別のものをつかっているためプロキシが設定されているネットワークではダウンロードできないことがあるようです。

日本語入力が勝手に切り替わるのを止める

イメージ
MS-IME以外のIMEをインストールしている環境で、日本語入力が勝手に切り替わることがあります。これは誤ってキーを押してしまっている場合があります。 入力言語切り替えを無効にする タスクバーのアイコンをクリック。 「キーボード」をクリック。 「入力言語のホットキー」をクリック。 「キーシーケンスの変更」をクリック。 入力言語の切り替え、キーボードレイアウトの切り替えを「割り当てなし」に変更して「OK」をクリック。

Google検査の生成AIによる検索(SGE)を消す

イメージ
Google検索のトップに表示される生成AIの結果が不要である場合、以下のページから消すことができる。 SGEは2024年2月までの試験運用中の模様。その後、これが標準になるのかどうかは不明。 SGE: 生成 AI による新しい検索体験

Macで壁紙をクリックすると勝手にデスクトップ表示に変わる機能を無効にした

イメージ
macOS 14(Sonoma)から、デスクトップをクリックするとデスクトップ表示になります。ウィンドウを触ろうとしてミスるとデスクトップ表示になりウザいので無効化しました。 壁紙をクリックしてデスクトップを表示しない 設定の「デスクトップとDock」をクリックします。 「デスクトップとステージマネージャ」という項目があるので、ここにある「壁紙をクリックしてデスクトップを表示」を「常に」から「ステージマネージャ使用時のみ」に変更します。

VS Code で常に折り返しするように設定する

イメージ
VS Codeは初期設定では折り返しをしないようになっています。これを常に折り返しをするよう変更します。 設定を開く。 「Editor: Word Wrap」の設定値を変更する。 設定値は以下の通り off:折り返ししない(初期設定) on:エディタの幅で折り返しをする。 wordWrapColumn:「Editor: Word Wrap Column」で設定した値で折り返す。初期値は80文字。 bounded:エディタの幅か、「Editor: Word Wrap Column」で設定した値のどちらか値の小さい方で折り返す。

Edgeが丸くなったので四角に戻した

イメージ
Edge のタブページの四隅が丸くなった。 気持ち悪いので戻します。 Edge の丸くなったタブを元の四角に戻す Edge の設定(右上の…から呼び出せる)を開く。 「外観」を開く。 少し下にある「Microsoft Edge の新しい外環をお試しください」のトグルスイッチを OFF にする。 Edge を再起動する。 さよならまん丸またきて四角