Word の黒背景(ダークモード)を戻す - Microsoft 365

Word(Microsoft 365)のファイルを開いたときに、背景色が黒くなってしまうことがあります。
これは、システム設定で「ダークモード」に設定していると Word までダークモードにしてくれる MS お得意の(?)お節介機能です。
Word は文章なので、黒い紙に書いているわけではありません。勝手に黒背景にされると逆に見づらいので、黒くしないように設定します。

元の白い背景に戻す

Word のオプションから設定します。

  1. ファイル - オプションをクリックして、Word のオプションを開きます。
  2. 「全般」の中にある、Microsoft Office のユーザー設定にある設定を変更します。
  3. 黒い背景を白く戻したいだけなら、「ドキュメントページの色は変更しないでください」にチェックを入れます。
  4. Word 全体を白く(ダークモードではない表示)したいのであれば、Office テーマから「白」や「カラフル」を選択します。

Word のオプションを開きます。

黒い背景を白く戻す場合。

Word 全体を白く(ダークモードではない表示)戻す場合。

Excelの入力規則はブックを共有していると使えない(コピーできない)

データの入力規則が使えない

Excel で入力規則が設定されているセルを行コピーでコピーしたり、入力規則の内容を修正しようとしたとき、入力規則が効かない、設定できない事態に遭遇することがあります。

ブックの共有設定がされていないかチェック

データの入力規則は、ブックが共有されていると使えません(理由は不明)。 そのため、再設定する場合にはいったん共有を解除する必要があります。

Microsoft 365 でブックの共有解除をする場合、以下の設定でコマンドを復活させる必要があります。

365のExcelで、社内のファイルサーバーでブックを共有する方法

365のExcelで、社内のファイルサーバーでブックを共有する方法

Microsoft 365 の Excel には、初期設定では OneDrive による「共有」しかできません。社内のファイルサーバーに Excel ファイルを置いて共同で作業したい場合、以下の方法で以前の「共有」機能を復活させる必要があります。

Microsoft 365 で共有機能を復活させる方法

  1. ファイル → オプションを開く。
  2. リボンのユーザー設定を開く。
  3. コマンドの選択で「リボンにないコマンド」を開く。
  4. 「ブックの共有(レガシ)」というコマンドがあるので、選択する。
  5. その前に、右側にあるボタン「新しいグループ」を押して、任意の場所にグループを作成します。
  6. 作成したグループに、「ブックの共有(レガシ)」を追加します。
  7. リボンに「ブックの共有(レガシ)」が追加されるのでクリックすると、お馴染みの「ブックの共有」設定ウィンドウが開きます。

Microsoft 365 の初期状態では、今まで使っていた「共有」がなくなりました。右上の「共有」は、ファイルをオンラインにアップロードして共有する機能です。

Microsoft 365 のリボン
Microsoft 365 で共有機能(レガシ)を復活させる

新しいコマンドを追加するためには、自分でグループを作成する必要があります。

リボンのユーザー設定の警告
新しいグループに共有機能(レガシ)を追加

今までの共有機能(ブックの共有)が使えるようになりました。

ブックの共有

SQL ServerのsaはSystem Administratorの略

sa is system administrator

SQLServer に触れたとき、誰もが思ったこと。 「さ」って何だろう?

System Administrator の略。つまり管理者。

SQL Server 数値が含まれているかチェックしてデータを抽出する

SQL Server で、あるカラムの値が数値かどうかチェックするには、ISNUMERIC を使います(この関数は SQL Server 2014 から)。

式が数値型として有効かどうかチェックする

サンプルデータ

例えば、このようなデータがあります。 この ProductCd 列で、数値の CD だけで構成されているものを抽出したい場合は、以下のような SQL になります。

SELECT
    *
FROM
    Products
WHERE
    ISNUMERIC(ProductCd) = 1
ISNUMERICを条件に使う

実行結果

逆に、数値ではないものを抽出したい場合、条件を = 0 とします。

なお、この「数値以外」ですが、プラス記号やマイナス記号、ドル記号など通貨記号も数字ではないと判断されます。

カラム毎に数値かどうかチェックして、数値かどうかで場合分けをしたい場合は、以下のような SQL になります

SELECT
	CASE WHEN ISNUMERIC(ProductCd) = 1 THEN 'True' ELSE 'False' END AS 数値チェック
FROM
    Products
ISNUMERICをCASEで使う

実行結果