Windows7でGoogleドライブが起動しない

Google
Windows 用の Google ドライブをインストール後、起動しないことがあります。

C#で「列 ○○ はテーブル○○に属していません」をチェック

C#で「列 ○○ はテーブル○○に属していません」をチェックする方法
DataTable に存在しない列を参照しようとすると残念なエラーが出ます。
そもそもちゃんと構造を把握しろという話ですが、こんな方法で事前チェックを行うことはできます。

Gitでリモートにプッシュしてしまったコミットを戻す

Gitでリモートのコミットを戻す

「やっべ! さっきプッシュしたコミットにバグがあったわ。一行だけ直したいわ」という時に、プッシュしたコミットを「なかったこと」にしたい時がたまにありますよね。

パスワードを別送する意味はない

パスワードを別送する意味はない
仕事での「あるある」ですが、添付ファイルのパスワードを、「パスワードは別途お送りします」といって同じアドレスに送るケースはよく見かけます。

こんなことやってるのは日本だけなので、意味は無いです。
でも、「プライバシーマーク」や「ISMS」がある以上はやらなければならないという日本特有の悪しき風習のようですね。

パスワードの別送に意味はある? - ITpro Active

この記事は検証しているだけで、最後まで読んでも「結局、意味あるのかないのかどっち!?」という記事なのですが(もろもろの大人の事情、立場上断言できないのかもしれませんが)、結論から言うとやはり 意味は無い ように思います。

じゃあどうするのかというヒントはこちらにありました。

第28回 「続けてパスワード送付」欧米でまったく使われないワケ (1/2) - ITmedia

日本以外では、真の意味での「自己責任」の元において、それぞれの判断に委ねられているようです。

以下のような観点があるようですね。

  • 適切な権限を持った者のみ閲覧可能であること。
  • 万が一の場合でも、すぐに公開を停止できるような仕組みがあること。

意味がないと声高に叫んでも、日本では改善されることはないでしょうが、とりあえずパスワードをメールで送るというのは止めるべきですね。

副作用のある演算子 'PRINT' を関数内で使用するのは無効です。

副作用のある演算子 'PRINT' を関数内で使用するのは無効です。
SQL Server のスカラー値関数内では、PRINT を使って値の確認等をすることはできません。
副作用のある演算子 'PRINT' を関数内で使用するのは無効です。
というエラーメッセージを出しますが、もう少し想像力を働かせたメッセージにしてもらいたいところですねw これで理解できると思うのでしょうか。

セキュリティ的に可能であれば Visual Studio のデバッグ機能を利用して SQL Server の関数もデバッグできますが、値をその場で確認したいだけなら、単純に

SELECT @hoge

なんていう方法で出力させることはできます。

中小企業・組合のためのマイナンバー制度対応

中小企業向けマイナンバー制度対応の備忘録冊子が出てきたのでメモ書き。一部個人的なメモあり。