MySQL DBに接続できない

Access denied for user: 'user name' (Using password: YES)

.NETからConnector/NET経由でMySQLへ接続する際,このエラーで悩まされた。

ユーザー名もパスワードも合っているはずだが,どうしたものかと思っていると,設定したサーバ名localhostに対しての権限の問題だったようだ。
Web.configの接続文字列で接続先をserver=localhostにしていたが,Hostが「%」になっていると接続できないようだ。

デフラグツールは一体なにを使えばいいのか...

諸説あるが,デフラグは必要だと思う。で,色々とフリーのでフラグツールをあさって試すが,じゃあ一体なにを使えばいいのかと……。
以下,いくつか試した中で使ってみた感想。


[UltimateDefrag]
究極を名乗るデフラグツール。
通常のでフラグに加え,アクセス頻度の高いファイルをHDDの外周に配置させて高速化できたりする。


[MyDefrag]
WindowsAPIを使用したデフラグツールのため親和性は高いそうな。USBメモリやSSDにも対応。
まず「Slow Optimize」を実行し,そのあとはスケジューラーで「Fast Update」を実行するのが良いらしい。


[Auslogics Disk Defrag]
とにかく速い。スケジュール実行もできる。


上記三つだが。
デフラグの速度も効果も,
[Auslogics Disk Defrag] > [MyDefrag] > [UltimateDefrag]
こんな印象だった。

じっくりやる人,しっかり設定できる人はUltimateDefragがいいかもしれない。
MyDefragはスケジュールして毎日実行しないとあまり意味がなさそう……。
Auslogics Disk Defragは速すぎて逆に効果が出ているのかどうか疑問に思ってしまうw

英英辞典


ロングマン英英辞典のオンライン版
WidgetsからFirefoxとIEのアドオンに追加することもできる。

MySQLで日付フォーマットを指定

例えば、
SELECT DATE_FORMAT(register,'%Y年%m月') as d FROM hoge
結果: 2010年6月

%M 月の名前(January..December)。
%W 曜日名(Sunday..Saturday)。
%D 英語のサフィックス付きの日付(0th、1st、2nd、3rd など)。
%Y 4 桁の数値で表した年。
%y 2 桁の数値で表した年。
%X 日曜日を週の最初の日とした場合の週に使用する、4 桁の数値で表した年。%V と組み合わせて使用。
%x 月曜日を週の最初の日とした場合の週に使用する、4 桁の数値で表した年。%v と組み合わせて使用。
%a 略式の曜日名(Sun..Sat)。
%d 数値で表した日付(00..31)。
%e 数値で表した日付(0..31)。
%m 数値で表した月(00..12)。
%c 数値で表した月(0..12)。
%b 略式の月名(Jan..Dec)。
%j 年間を通した日にち(001..366)。
%H 時(00..23)。
%k 時(0..23)。
%h 時(01..12)。
%I 時(01..12)。
%l 時(1..12)。
%i 数値で表した分(00..59)。
%r 12 時間形式の時刻(hh:mm:ss に続けて AM または PM)。
%T 24 時間形式の時刻(hh:mm:ss)。
%S 秒(00..59)。
%s 秒(00..59)。
%f マイクロ秒(000000..999999)。
%p AM または PM
%w 曜日(0=Sunday..6=Saturday)。
%U 日曜日を週の最初の日とした場合の週(00..53)。
%u 月曜日を週の最初の日とした場合の週(00..53)。
%V 日曜日を週の最初の日とした場合の週(01..53)。%X と組み合わせて使用。
%v 月曜日を週の最初の日とした場合の週(01..53)。%x と組み合わせて使用。
%% リテラルの ‘%’。

IISのリライトツール


IISでよく使用される(という妄想)のがHeliconのISAPI_Rewriteというツール。

インストールしたあとに、IISのISAPIフィルタに登録することで動作し、そのルールはインストールしたフォルダにある"httpd.ini"に記述する。これはデフォルトではなぜか上書き禁止になっているので注意。

以下、俺式メモ。

# コメント

フラグ
[L] 以降の式は無視する。
[R] リライト

----------
ex1)
RewriteRule ^/([0-9]+)$ /test.html?id=$1 [R]

http://example.com/9999

http://example.com/test.html?id=9999


----------
ex2) 引数は出現順にセットされる。
RewriteRule ^/([0-9]+)/([a-z]+) /test.html?id=$1&key=$2 [R]

http://example.com/9999/abcd

http://example.com/test.html?id=9999&key=abcd


----------
ex3) ホスト指定
RewriteCond Host: localhost
RewriteRule /(.*) /test.html [L]

http://127.0.0.1/

NG

http://localhost/

test.html→評価→test.html...ループするw

以下のように指定する。
RewriteCond Host: localhost
RewriteRule /(.*) /test.html [R,L]