Pages

2017/09/17

Visual Studio でソースの編集箇所を git stash で退避する

git stash

改修作業中に「やっぱりこっちのバグを先に直して!」という声をかけられることも多々あります。
Git の場合、修正内容をコミットするか、元に戻さないとブランチを切り替えられませんが、git stash で修正内容を一時的退避することもできます。

git stash

git stash は変更内容を退避させるコマンドです。
https://git-scm.com/docs/git-stash

GUIで操作できるこんな拡張機能もありますが、残念ながら Visual Studio 2017 には対応していません。

GitStash

仕方がないので、[チームエクスプローラー] の [アクション] をクリックしてコマンドを打ちます。

単純な編集だけであれば git stash だけで OK です。
新規ファイルを追加している場合、git stash だけだと追加したファイルがステージングに残り続けてしまうので、git stash -u を打ちます。

割り込み作業が終わった後は、git stash apply で退避ファイルを戻すことができます。
ただ、この場合は stash 内容が消えません。
退避内容を適用して消したい場合は git stash pop です。

退避ファイルがいくつもある場合は、git stash list でどのファイルを戻すのか確認してから戻します。

割り込みのバグ修正がはかどりますね。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...