2016/06/07

単体テストの書き方と重要性

単体テストの書き方

ソフトウェア開発では、後工程で手戻りが発生するほど工数がかさみ、悲惨な結果を引き起こすことが「よく」あります(苦笑)。

「動作確認レベルでいい」
「結合でバグを出すから大丈夫」

そんなふうに、最小単位である単体テストを軽んじているプロジェクトは、その時点で死に向かって歩き出していると思います。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...