Pages

2015/03/25

ASP.NET が認識できる User-Agent の最大文字数

ASP.NET が認識できる User-Agent の長さが 512 文字に拡張されました
http://blogs.msdn.com/b/d99/archive/2010/02/16/9964117.aspx

ASP.NET において User-Agent は Request.UserAgent で簡単に取得できるのだが、この値は文字列の制限値が存在し、かつ、.NET Framework のバージョンによって異なるらしい。

  • ASP.NET 1.1
    今さらこのバージョンを使っているケースはないだろうが…256 文字を超えた場合は "Unknown" となり、JavaScript が無効なブラウザというような「最低レベルのブラウザ」に対応したレンダリングを行うらしい。
    System.Web.dll のバージョンが古い場合は、色々と問題が発生する可能性がある。
  • ASP.NET 2.0
    256 文字まで認識する(それ以降は切り捨て)。ASP.NET 1.1 の時のような最低レベルのレンダリングは行われないらしい。
  • ASP.NET 4.0 (以降も)
    512 文字まで。それ以降は切り捨て。
ただ、ASP.NET 1.1, 2.0 においても、最大文字長を 512  文字に拡張するモジュールがリリースされている……らしいが、肝心のモジュールがどこにあるか不明だ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...