Pages

2015/02/26

iPhone と Android の比較

iOS も iPad で使っていたのだが、携帯も iPhone に変更したので独断と偏見をメモ。

比較対象
  • Android 2.2, Android 4.0 (GALAXY S II LTE SC-03D)
  • iOS 6 (iPad 3), iOS 7(iPad 3), iOS 8 (iPad 3, iPhone 6 Plus)

iPhone に向いている人

  1. スペックは気にせず、iPhone がいいと思った人。
  2. シンプルな操作性が好きな人や初心者。
  3. アクセサリー(カバーとか)にこだわりたい人。
  4. モノに愛着を持つ人。
しかし、電話としての機能と日本語入力に関しては、現時点では iPhone は圧倒的に Android に負けている(英語しかタイプしない人は関係ない)。あと、落とすとすぐ壊れるのは iPhone。

Android に向いている人

  1. いろいろな端末から選びたい人。
  2. スペックや機能を重視する人(おサイフ携帯やワンセグなど)。
  3. 設定のカスタマイズが好きな人。
  4. iPhone が嫌いな人w
アクセサリーやサードパーティ製品の対応度合いは圧倒的に Android の負け(厳密には別に Android が負けているわけではないが……)。

以下、それぞれ思ったこと。

ハードウェア

Android は端末によってボタンの位置が違いすぎるのが気になる。多数のメーカーが端末を出しているのでしかたがないのだが。
iPhone はそれとは逆。
また、ハードウェアにもよるのかもしれないが、タッチの感度に関しては iPhone の方が優れていると思う。文字入力時のタッチに関しては Android はよく入力ミスがあったが、iPhone に変えてからあまりないからだ。

操作性

常にワンボタンで戻るを繰り返す iPhone に比べ、Android は戻るボタンやホームボタンが下に配置されているため、操作性は Android の方が好ましいと感じる。
そして、特に日本語入力(キーボード)に関しては iPhone は大きく劣っている。英語圏では気にならないのだろうが、日本語入力環境では矢印キーがないのは致命的(画面を横にすると出てくるが)。

アプリ

ほぼ差はないが、やはり iPhone にしかないアプリが存在する。
Android で気になるのは、裏で勝手に通信してバッテリーを消耗させるアプリが多いところ。

カメラ

スペック的には Android 端末のほうが良いのだが、出てくる絵は iPhone で撮った写真のほうが多くの人はきれいだと感じるだろう。Android は画像。iPhone は写真。

結論

機能的にはもう同じなので、好きな方でいいのだが、日本においては iPhone ユーザーが多いので、そのあたりも強みと言えるかもしれない。端末が安い方がいいということであれば、Android ということになる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...