Pages

2012/05/18

[SQL Server] インストール済みのデータベースのバージョンを確認する。

様々なバージョンの SQL Server をインストールしていると、どのバージョンのデータベースがインストールされているかわからなくなる時がある (と思うw) 。あらかた把握はできるのだが、たとえばサービスパックの適用の有無等も含めて正しいバージョンを確認したいときのメモ。
  1. スタートメニューから、Microsoft SQL Server を開く。
  2. [構成ツール] - [SQL Server インストール センター] を開く (要管理者権限)。
  3. [ツール] - [インストール済み SQL Server 機能の検出レポート] を開く。
  4. ブラウザにてレポートが表示される。
これでレポート表示されるのはいいんだが、バージョンは数値でしか表示されない (笑)。
主要な SQL Server のバージョン番号は以下の通りになっているそうだ。
  • SQL Server 2008 R2
    Service Pack 1 : 10.50.2500.0
    RTM : 10.50.1600.1
     
  • SQL Server 2008
    Service Pack 3 : 10.00.5500.00
    Service Pack 2 : 10.00.4000.00
    Service Pack 1 : 10.00.2531.00
    RTM : 10.00.1600.22
     
  • SQL Server 2005
    Service Pack 4 : 9.00.5000.00
    Service Pack 3 : 9.00.4035
    Service Pack 2 : 9.00.3042
    Service Pack 1 : 9.00.2047
    RTM : 9.00.1399
簡単に言うと、10.5 系統が 2008 R2。10 系統が 無印 2008。9 系統が 2005 である。
詳細は、Microsoft のサポートサイトに掲載されている。
SQL Server とそのコンポーネントのバージョンとエディションを確認する方法 - support.microsoft.com
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...