Pages

2010/12/02

Opera USBを日本語化

Opera USBはUSBメモリに入れて持ち運べるOperaである。
通常はメニュー等の表記が英語であるが、このまま使うことに抵抗がある場合 international version をダウンロードすれば日本語化できる。

[Menu] - [Settings] - [Preferences]を開き、[General]タブの[Language - Details]。
LanguagesのUser interface languageでOpera USBのフォルダの中にある[locale]から日本語(ja)を選択すれば即座に日本語になる。
もちろん言語ファイルを変更すれば、そのほかの言語にも簡単に切り替えることができる。


こうやってブラウザを持ち歩くことで、様々な環境のテストに使用することもできるので便利だ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...